MENU

お知らせ

国際ロータリー第2620地区において、公共イメージ向上活動の一環として、より多くの一般の方にロータリーとはどのような活動をしているのかを知っていただくため「ロータリー4つのおはなし」と題したYouTube動画を配信し始めました。簡潔で分かりやすい動画となっていることから、当地区におきましても活用されるようご依頼がありました。各クラブにおける会合等で共通理解のためにご利用ください。

〇アクセス方法:Google、Yafoo!等でワード検索

「ロータリー4つのおはなし」

YouTubeに入ってからのワード検索

「ロータリー4つのおはなし」

「そうだったんだロータリー」

「ロータリー2620」

「ロータリー 規模」など

以上

 

 

 

 

カテゴリー: クラブ奉仕委員会

当2510地区と3340地区(タイ東北)で実施されました、「水を衛生」を重点分野にした「Global Grant GG1871293」が完了し最終報告書が受理されショーケースにも投稿させて頂きました。地区内の多くのクラブの皆様と現地の御協力により「地域に大きな変化を与える」事業となりましたことに深く感謝申し上げますともに、これらが今後世界で多くの困難を抱える方達への支援につながることを期待申し上げます。

https://map.rotary.org/en/project/Pages/project_detail.aspx?guid=0a95cabf-6f15-47a5-95b7-9afea886ed5e&a=p_c

 

 

 

 

カテゴリー: ロータリー財団委員会

2021年7月17日ロイトン札幌にて「ロータリー財団奨学生の壮行会」が開催されました。コロナで出発延期をしていた奨学生を含め、グローバル奨学生3名、地区補助金奨学生3名 合計6名の門出を、羽部RRFC、大日向ガバナー、福井直前ガバナー、熊澤ロータリー財団委員長と関係者、そして各地区内ホストクラブの皆様と新たな門出を祝いました。

コロナ禍での開催で感染対策・規模縮小での開催でしたが、皆様のおかげで「未来を担う奨学生の輝かしい旅たちの日」となりました。御協力を頂きました皆様に心より感謝申し上げます。

 

財団奨学金・平和フェロー委員会

 

カテゴリー: ロータリー財団委員会

2021-2022クラブ支援委員会作成の新会員向けオリエンテーション資料です。
以下から資料をダウンロードできます。

新会員向けのオリエンテーション資料
新会員向けのオリエンテーション資料
ダウンロードファイル→

<ダウンロード方法> ダウンロードしたいファイルの上にマウスポインタを乗せ右クリックします。 するとメニューの中に「対象をファイルに保存」という項目があります。 それを選択しますと「名前を付けて保存」ウィンドウが自動で開きますので、 任意のファイル名を付けて保存してください。
カテゴリー: お知らせ

前年度の、ガバナー月信のご覧になりたい方は、トップページ左上のガバナー月信へのリンクのすぐ下に、ガバナー月信アーカイブというリンクボタンがございますので、ご確認ください。
間もなく、福井ガバナー年度final号が、配信されると思いますので、ご期待ください。

ICT委員会 委員長 堀元雅司

カテゴリー: ICT委員会

2021-22年度 ガバナー補佐及びクラブ奉仕委員会合同会議のお知らせ

 

クラブ奉仕委員会では、2021-2022年度の地区目標7項目のうち、『3.ロータリー情報の提供、広報、クラブ目標の設定などあらゆる手続きにおいてインターネットの活用を推進する』『6.会員増強、Each One Bring Oneの推進と「ロータリー奉仕デー」の実施』『7.クラブにおける戦略計画の立案(未来ビジョンの策定)と目標の設定を推奨する』について重点的に推進をはかることとしております。そのなかでもまだ十分なご理解を得ていないと思われる「未来ビジョン委員会」設置の促進、「ロータリー奉仕デー」の企画・立案・実施について、クラブ各位のご検討を仰ぐためには、早期の広報活動及び詳細な説明の必要があること、また、今後、当委員会で計画しておりますアンケートや共通リーフレットの内容及び作業工程、ICT委員会の関連につきましてもガバナー補佐の皆様と情報を共有するための会議を行います。

日 時  2021716日(金)午後4時より(2時間程度)

会 議  ZOOM会議による

内 容

1.「未来ビジョン委員会」について(クラブ奉仕委員会)

2.「ロータリー奉仕デー」について(公共イメージ向上委員会)

3.アンケート、共通リーフレットについて(ロータリー情報委員会)

4.ICT委員会関連について(ICT委員会)

5.その他

カテゴリー: クラブ奉仕委員会

RRFC便り,財団室NEWS(7月号)をお届けします。

各クラブにおいて、財団プログラムの参加、寄付増進にお役立て頂ければ幸いです。

ダウンロードできます☟

 

第1地域RRFC便り2021年7月号0707更新

 

ダウンロードできます☟

 

202107 TRF News

 

 

カテゴリー: ロータリー財団委員会

ポリオプラスニュース7月号

2510地区ポリオプラス委員会

 

【野生株によるポリオ症例数】

ポリオ 2021年1月1日
~6月29日
2020 2019 2018 2017 2016
常在国 パキスタン 1 84 147 12 8 20
アフガニスタン 1 56 29 21 14 13
世界合計 2 140 176 33 22 37

【ポリオ撲滅情報】

 

・2021年、6月29日現在、野生型ポリオウイルス1型(WPV1)の確定症例は依然2例です。
・今回も新規の確定症例はありませんでしたが、他の報告では環境サンプルや健康な子供、並びにその他の情報源などからパキスタン58例、アフガニスタン1例、合計59例の野生型ポリオウイルス1型(WPV1)の検出報告があります。
 

【残された課題の解決を目指す新たなポリオ撲滅戦略】
ロータリーと世界ポリオ根絶推進活動(GPEI)のパートナー団体は、ポリオ根絶における残された課題に打ち勝つために「ポリオ根絶戦略2022-2026:約束を果たすために」を開始しました。課題には、新型コロナ
ウイルス流行により予防接種キャンペーンが一時休止されたことによる昨年のポリオ発症数増加などが含まれます。
 
野生型ポリオウイルスが残る最後の常在国であるパキスタンとアフガニスタンのリーダーは、GPEIと協力して予防接種キャンペーンを改善し、感染リスクの高い子どもへの予防接種を行うことを約束しました。
地球のどこかにポリオが存在する限り、その脅威は引き続き世界全体に及びます。新たな戦略は、ポリオ根絶へのロードマップを提供することに加えて、ポリオのない世界を実現するために、政府と寄付者からの新たな政治的および財政的援助を求めています。
 
polioを根絶し、新型コロナウイルス(COVID-19)に打ち勝つために以下の項目をご理解ください。

①予防接種が重要な理由
ワクチンによる科学的進歩により、はしかの発生が減少し、天然痘が根絶され、世界的なポリオの症例が99%減少しました。 ポリオワクチン接種を支援してきた数十年の経験に基づいて、ロータリークラブはCOVID-19ワクチン接種に対する国民の信頼を高め、これらのワクチンの公平な配布に向けて取り組んでいます。
 
②集団免疫を理解する
集団免疫は、コミュニティのほとんどが病気の免疫を獲得したときに成立し、病気が広がる可能性が低くなり、ワクチン接種を受けられず病気にかかりやすい人々を保護します。集団免疫キャンペーンを通じて、ほぼすべての国で野生ポリオウイルスの蔓延を阻止したロータリーの成功は、地域社会のワクチン接種が集団免疫を達成し維持できることの証拠です。

③ワクチン接種を躊躇している人と話す
COVID-19ワクチン接種が可能になったとき、ワクチン接種を躊躇することは、コミュニティのすべてのメンバーを保護する上で1つの障害になる可能性があります。 ワクチンについての間違った情報に対し、事実を議論することは人々の不安を和らげ、彼らがワクチン接種を受けることについて正しい情報に基づいて決定することができるようになります。 ポリオとの闘いの経験を持つ組織として、ロータリーは人々のワクチン接種への躊躇を克服するために話題となる会話のヒントを提供しています。
 
④ロータリーのPolioPlus資金調達目標の達成を支援する
ロータリーは、ポリオ根絶のために年間5,000万ドルを集めることを約束しています。 ビル&メリンダゲイツ財団による2対1の寄付により、すべての寄付はポリオ根絶に向けてさらに進んでいます。 PolioPlusに寄付をして、世界中のコミュニティに予防接種を提供するのを手伝ってください。

カテゴリー: ポリオプラス委員会
最新号大日向ガバナー月信第1号(2021年7月)
ガバナー月信
目次
  • 2021-2022年度シェカール・メータ国際ロータリー会長ご挨拶

    1

  • 2021-2021年度大日向豊吉ガバナーご挨拶

    5

  • 石丸修太郎ガバナーエレクトご挨拶

    7

  • 松浦光紀ガバナーノミニーご挨拶

    8

  • 福井敬悟直前ガバナーご挨拶

    9

  • 羽部大仁地区研修リーダーご挨拶

    10

  • 2021-2022年度ガバナー補佐ご挨拶

    11

  • 2021-2022年度ガバナー補佐名簿

    15

  • 2021-2022年度公式訪問日

    16

  • 2021-2022年度ガバナー公式訪問に関するお願い

    17

  • ガバナー事務所からお願い

    17

  • ロータリー定期報告関係

    18

  • 2021-2022年度カレンダー

    19

  • 2021-2022年度ガバナースタッフ・担当

    20

  • 米山奨学生の紹介

    21

  • 2021-2022年度地区予算

    22

  • 2021-2022年度クラブ会長・幹事

    23

  • 2021-2022年度地区組織図

    24

<ダウンロード方法>

ダウンロードしたいファイルの上にマウスポインタを乗せ右クリックします。 するとメニューの中に「対象をファイルに保存」という項目があります。 それを選択しますと「名前を付けて保存」ウィンドウが自動で開きますので、 任意のファイル名を付けて保存してください。

PDFファイルのデータサイズは非常に大きくなっております。PDFのアイコンをクリックすることで ご覧頂くこともできますが、 一度ファイルをダウンロードして頂いた後、Adobe Reader で読まれたほうが快適にご覧になれます。

カテゴリー: ガバナー月信

ポリオプラスニュース6月号

2510地区ポリオプラス委員会

 

【野生株によるポリオ症例数】

ポリオ 2021年1月1日
~5月5日
2020 2019 2018 2017 2016
常在国 パキスタン 1 84 147 12 8 20
アフガニスタン 1 56 29 21 14 13
世界合計 2 140 176 33 22 37

【ポリオ撲滅情報】

 


・2021年、6月2日現在、野生のポリオウイルス1型(WPV1)の症例は2例です。
・今回も新規の発症例はありませんでした。
 

【ワクチンの歴史:2,000年のイノベーションが世界を救う】 執筆者 Erin Biba
研究者によると、1963年以来、ワクチンによって命が救われた人の数は約1,000万人に上ると推定されています。ロータリー会員はワクチンの効果をよく知っています。経口ポリオワクチンのおかげで、1988年以来、野生型ポリオの発生件数は99.9%減少しており、現在、野生型ポリオによる発症が報告されているのは世界でわずか2カ国のみとなっています。
 
新型コロナワクチンが世界中で配布されつつある現在、ロータリーと世界ポリオ根絶推進活動(GPEI)のパートナーが培ってきた経験と知識が新型コロナへの対応に役立っています。
 
コロナ禍で、各クラブ、集まっての例会が持てない状況が続いていますが、何とか感染対策を継続しつつ、COVID-19のワクチン接種が進むことを願っております。
 
【命を救うワクチンの歴史】 

カテゴリー: ポリオプラス委員会