国際ロータリーについて

RI会長プロフィール

2022-23年度国際ロータリー会長
カナダ、ウィンザー・ローズランド
ロータリークラブ所属

ジェニファー E. ジョーンズ

2022‐23年度国際ロータリー会長として、ウィンザー・ローズランド・ロータリークラブ(カナダ、オンタリオ州)会員のジェニファー E. ジョーンズ氏が指名されました。115年に及ぶロータリーの歴史で初の女性会長となります。

ウィンザーにあるMedia Street Productions Inc.の創業者兼社長。ウィンザー大学の理事長、ウィンザー・エセックス地域商工会議所の会頭を務めたほか、その奉仕活動が称えられ、YMCA Peace Medallion、Queen’s Diamond Jubilee Medalを受勲し、カナダ人初のウェイン州立大学Peacemaker of the Year Awardを受賞しました。また、法学の博士号(LL.D.)を有しています。

女性初の会長に選出されるにあたり、ジョーンズ氏はロータリーの「多様性、公平さ、インクルージョン(DEI)に関する声明」の重要性を理解しています。「多様性、公平さ、インクルージョンを最優先し、女性会員や40歳未満の会員を増やすには、まずリーダー陣がこれを実践し、そのメンバー構成に反映させていく必要があります」とジョーンズ氏。「どちらの目標でも2桁の成長を目指し、決してロータリーファミリー全体を見失わないようにします」

ジョーンズ氏は1997年にロータリーに入会し、RI副会長、理事、研修リーダー、委員会委員長、モデレーター、地区ガバナーを歴任しました。また、ロータリー強化諮問グループ委員長を務め、ロータリーのブランド活性化の取り組みでリーダー的役割を担いました。現在は、ポリオ根絶活動のために1億5000万ドルのファンドレイジングを目指す、「End Polio Now:歴史をつくるカウントダウンキャンペーン委員会」の共同委員長を務めています。2020年には、新型コロナウイルス対応のためのファンドレイジングを目的とした「#ロータリーによる対応」(#Rotary Responds)のテレソン(Telethon)を先導。このイベントは65,000人以上が視聴しました。

ジョーンズ氏は超我の奉仕賞、ロータリー財団功労表彰状を受賞しているほか、夫のニック・クラヤシッチさんと共に、アーチ・クランフ・ソサエティ、ポール・ハリス・ソサエティ、ロータリー財団遺贈友の会の会員となっています。

2022-23年度 ロータリー賞

ロータリークラブのリーダーは、ロータリー賞の達成を目指すにあたり、ロータリークラブ・セントラルから25の目標のうち少なくとも13の目標を選ぶことができるようになります。
このような柔軟性が適用されたことにより、クラブにとって最も重要で達成可能と思われる目標を選ぶことが可能となります。
さらに、目標の多くはロータリークラブ・セントラル内で「達成」に印をつける自己報告方式となります。
詳細はこちらをご覧ください。

2022-23年度 RI会長テーマ

イマジンロータリー

ジェニファー・ジョーンズ会長エレクトは、会員が夢を実現するために行動し、クラブの魅力を最大限に味わえる場としてのロータリーを思い描き、互いのつながりを深めることによって世界に変化をもたらすパートナーシップを築くよう会員に呼びかけています。

定款・細則

ロータリーの歴史

ロータリーのはじまり

世界初の奉仕クラブ、米国イリノイ州のシカゴ・ロータリー・クラブは、1905年2月23日、ポール・ハリスによって結成されました。ハリスは、少年期に過ごした小さな町で感じたのと同じ友愛の精神を、専門職業人の集まるクラブで再現したいと望んだのでした。「ロータリー」という名前は、会員の仕事場を持ちまわりで会合を開いていた初期の慣習に由来しています。 ロータリーの評判はあっという間に広がり、その後10年間に、サンフランシスコとニューヨークをはじめ、カナダのウィニペグにもクラブが結成されました。1921年までに6大陸にロータリー・クラブが結成され、その1年後、この組織は「国際ロータリー」と名づけられました。

ロータリークラブの歴史

1905年 世界初の奉仕クラブ、米国イリノイ州のシカゴ・ロータリー・クラブは、1905年2月23日、ポール・ハリスによって結成されました。
1907年 シカゴ・ロータリー・クラブが、市内に公衆トイレを設置する。これが同クラブ初の社会奉仕プロジェクトとなる。
1910年 ポール・ハリスが、最初の年次大会において、全米ロータリー・クラブ連合会の初代会長として選ばれる。
1911〜
1913年
カナダ、英国、およびアイルランドにクラブが結成され、組織の名称が国際ロータリー・クラブ連合会と改称される。
1916年 キューバにクラブが創立され、英語圏外で初めてロータリー・クラブが結成される。
1917年 アーチ・クランフ会長が、ロータリー財団の前身である基金の設立を提案する。
1945年 49名のロータリアンが国連憲章の起草に貢献する。
1947年 ロータリーの創始者、ポール・ハリスが逝去し、大学院奨学金(フェロー)プログラムの設置のためにロータリアンから多くの資金が寄せられる。
1947〜
1948年
18名のロータリー・フェローが初めて海外留学を果たし、これが後に国際親善奨学金となる。
1962年 初のインターアクト・クラブが米国フロリダ州メルボルンに結成される。世界社会奉仕プログラムが発足する。
1965年 特別補助金(後に同額補助金となり現在マッチング・グラントと呼ばれる)および研究グループ交換プログラムが開始される。
1968年 初の口ーターアク卜・クラブが米国ノースカロライナ州シャ一口ッ卜で結成される。
1979年 mJ万のフィリピンの児童にポリオの予防接種を施すための財団補助金がポリオ・プラスの創設のもととなる。
1985年 ロータリーがポリオ・プラス・プログラムを発足し、世界のすべての児童に予防接種を行うために米貨1億2,000万ドルの募金キャンペーンを開始する。
1987年 初めて女性がロータリーに入会する。
1988年 ポリオ・プラス・キャンペーンで、口ータリアンが米貨2億4,700万ドルを募金する。
1989年 ロータリーがハンガリーとポーランドに復帰する。
1994年 西半球がポリオ無発生地域と宣言される。
1999年 平和および紛争解決の分野における国際問題研究のためのロータリー・センターが設立される。
2000年 西太平洋地域がポリオ無発生地域と宣言される。
2002年 ヨーロッパがポリオ無発生地域と宣言される。深刻な資金不足を補うため、ロータリーが2回目のポリオ撲滅募金キャンペーンを開始する。口ータリアンが米貨1 億2,900万ドルを集める。
2005年 世界中のクラブが口ータリーの創立百周年を祝う。
2006年 ポリオの常在国が、アフガ二スタン、インド、ナイジェリア、パキスタンの4カ国を残すのみとなる。
2007年 ロータリー財団が100万人目のポール・ハリス・フェ口ーを認定する。
2007〜
2009年
ゲイツ財団よりポリオ撲減を目的として、ロータリーに米貨3億5,500万ドルのチャレンジ補助金が授与される。
2010年 ロータリー財団が、未来の夢計画の3年間の試験段階を開始する。
TOP