会長ご挨拶

工藤会長 工藤会長

会長ご挨拶

小樽南ロータリー会長 工藤 左千夫

1 ロータリークラブの原点(職業奉仕)を再確認する年次にしたい。
◆職業奉仕の意味
  • ①職業の継続性とは、それ自体が社会的要請・役割があるために継続してきた。 つまり職業奉仕とは、自らの職業を通しての社会貢献、それが職業奉仕の意味であり、それを自覚することが重要。
  • ②①を継続には、強い職業倫理が必要であり、そのモチベーションを常に維持・発展させなくてはならない。 その一助として例会が存在する。ゆえに、例会を重視する。
  • ③現職を去った方々は、今までの経験をいかして次世代に上記のロータリー精神を伝えていく責務があると考える。 また、今までの経験を生かして多様な社会奉仕の窓口を切り開いていくこともロータリアンの重要な観点であると考える。
2 ロータリー精神とは(工藤の解釈=インスピレーション)
IR会長の「ロータリアンはインスピレーションになるべき」について工藤の見解を述べさせていただく。このインスピレーションとは、非常に広義な意味として使用されていると考える。 まず、「精神」についてから。 精神は英語のスピリット、ドイツ語ではガイストと呼ばれているが、本来は「心」の意味。しかし、もう一つ、英語では「ソウル」、ドイツ語では「ゼーレ」という別儀もある。こちらは「魂」と訳される。元来、欧米の文化圏の特徴はロゴス文化。ロゴスとは旧約聖書の冒頭にも書かれていることで、日本では「言葉」と訳されているが、本来は「分離」の意味。現代では「論理」と訳される。つまり、ロゴス(論理)とは物事を分けて考えることを意味している。そのため、心も二つに分離して考えるのが欧米では一般的である。 「ソウル」は生まれながらに有している喜怒哀楽の心をさし、「スピリット」とは「人生の生きがい」にふれる心をさす。土台は豊かな「ソウル」であり、そこでの様々な経験の中から、「人生の目的」をさす心がスピリットと考えるのが妥当である。この心の両面性を自覚するイメージこそインスピレーションではないか、と考えている。 インスピレーションの言語は古代ギリシャ哲学から生まれた。その意味は「霊感」。近世の哲学においては「直感」と訳され、現代では「ひらめき」が一般的となる。この経緯の内容を展開すると大学での1講義になってしまうほど。結論は、「人間の心の二重性を直感せよ」ということ。ロータリー風に述べればロータリー精神の原点の自覚と柔軟で新たな発想を持ち続ける、ということにつながる。
3 これからの小樽南ロータリークラブについて
 斎田理事(奉仕委員会担当理事)からの提案:仮称「小樽南ロータリークラブ未来会議」を立ち上げ、そこに各奉仕委員会の未来、また、急務である「会員増強」をもその中で議論してはどうか。今後、検討していきたいと考えています。 補足:ロータリー精神の具体性(かつて福島会員から伺った内容) 世界には多くのロータリークラブとライオンズクラブが存在する。共にそれぞれ社会的に重量な役割を担っていることは多言を要しない。また、どちらが上と言うことでもない。 ロータリアンの模範:「交通量の多い道路で、歳をとった方が道路をなかなか渡れなくて困っているとき、ロータリアンは、その方の手を引いて、一緒に渡ることを惜しまない」。 とにかく、これからの1年間、会員各位の協力をお願いしつつ頑張っていきたいと考えております。宜しくお願い申し上げます。

会長挨拶

2016年8月16日

上野会長挨拶

上野会長 2016~2017年度 クラブ活動計画及び目標 小樽南ロータリー会長 上野 正之 「脚下照顧」(きゃっかしょうこ)自分の足下を見る ①RIのテーマ 「人類に奉仕するロータリー」 ②RIの優先項目 *ポリオ撲滅 *会員増強 ③基本方…

本文を見る

2015年2月20日

2015.02.20今期第31回例会 第55回小樽市内高校優秀卒業生表彰式 

     

本文を見る

2015年1月30日

2015.01.30今期第28回例会 会長あいさつ 諸事ご案内

     

本文を見る

2015年1月30日

2015.01.23今期第26回例会 加藤会長あいさつ

本文を見る

2015年1月16日

2015.01.16今期第26回例会

 

本文を見る

2015年1月9日

2015.01.09今期第25回例会 加藤会長年頭あいさつ

本文を見る

2013年11月8日

第18回通算2627回例会

本文を見る

2012年2月2日

岡崎会長挨拶

  2012-2013年度 RIテーマ 「奉仕を通じて平和を」 ★強調事項 心・家族・地域・世界に平和の恩恵を 2012-2013年度 RI2510地区目標  ①ロータリーを新世代と共に未来に繋げよう ②地域や世界に役立つ奉仕をしよう ③今…

本文を見る