当ホームページに情報の掲載をご希望の委員会・クラブ等の方は、広報・IC委員会までご連絡をお願いいたします。

RYLA委員会

RYLA委員会ご挨拶

2017.08.02

RYLA委員会 委員長

長田 正文(所属クラブ:岩見沢東RC)
2017~2018年度国際ロータリー第2510地区RYLA委員長に就任いたしました長田でございます。
ロータリー青少年指導者育成プログラム(RYLA)は、年齢14~30歳の若者が集まり、リーダーシップスキルと人格を養いながら、ロータリーについて学ぶ集中研修プログラムです。
昨年度は残念ながら、2510地区でRYLAセミナーは開催できませんでしたが、今年度は2018年5月26日27日に大沼において1泊2日で開催することになりました。
RYLAは、地元地域やその範囲を超えて活躍できる若き有望なリーダーとしての資質の向上と、市民としての責任感を啓発し、限られた時間の中で、指導力を養成し自主性の発揮などの向上を目的にしていますが、選ばれて参加する若者は地域社会にあって将来指導者となる資質を持ち、社会の発展に貢献しようと意欲のある若い人達です。
RYLAはこうした社会の将来を担っていく若者たちに身近なテーマを与え、仲間と討論し、学び、問題解決の道を見つけていく訓練の場を与えているのです。
その中でロータリーの理念と奉仕の理想を学ばせているのです。
ロータリーにとっても、若者と接し議論することにより、新鮮な刺激を受け、若者たちの考え方を学ぶ機会を得ることができます、そして将来ロータリアンの仲間として超我の奉仕の基にお互い切磋琢磨できるようになる可能性があるのです。
ただRYLAの活動を知っているロータリアンが非常に少なく、知名度が少ないのが現状です。
それを踏まえ今年度RYLAのPRのDVDを製作し各クラブに配布しようと考えております。
また将来のロータリアンを輩出するために、RYLA学友組織を設立することも考えております。
なるべくこのホームページもことあるごとに変えていきますので、2510地区のRYLA委員会をよろしくお願いします。

RYLA委員会 委員

赤山 登(所属クラブ:岩見沢RC)
2015-16年度 嵯峨ガバナーの公式訪問に、山本公彦地区幹事と地区内第2、第3、第6、第7、第8、第9、第10、第11、第12グループの30以上のクラブを訪問させていただきました。
2016-17年度は石山RA委員長の下、RA委員を拝命。2017-18年度は長田RYLA委員長の下でRYLA委員を拝命、第3グループガバナー補佐幹事を兼務し微力ながらRYLA委員の務めを果たしたいと思っております。

北川 好和(所属クラブ:札幌幌南RC)
札幌幌南ロータリークラブの北川です。
当委員会での活動歴としては、嵯峨年度では増山委員長のもと、武部年度では地区国際奉仕・VTT委員会に所属しながらの実行委員会兼務、そして今年度の國立年度では長田委員長のもとで3年目の委員となります。
最後の委員会活動となるであろうと思いますので、しっかりと自分の役目を全うする覚悟を持ち、実りあるRYLAセミナーとなるよう務める所存です。

姫野 芳安(所属クラブ:札幌北RC)
札幌北ロータリークラブの姫野です。
今回初めてRYLA委員会に所属させて頂きます。
まだまだRYLA委員会の事は勉強不足ですが1年間、長田委員長と諸先輩の皆様にご指導を頂きながら勉強させて頂き、しっかりとお役に立てる様、活動させて頂きます。

船山 秀樹(所属クラブ:小樽RC)
小樽ロータリークラブ所属の舩山です。
小樽ロータリークラブは、昭和8年12月12日に日本国内で10番目に誕生したクラブです。
入会まもない私ですが今年よりRYLA委員会に委員として参加させていただきます。
皆様と一緒にRYLA活動とは何かという事を一緒に学んでいきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

吉岡 毅(所属クラブ:千歳RC)
地区のRYLA委員会への出向は今回が初となります。
9年間、千歳ローターアクトクラブで活動をし、そのキッカケで数年前にRYLAセミナーに参加しました。
その後は学友として司会等を経験し昨年、千歳ロータリークラブに入会しました。
今後はRYLAセミナーやアクトでの経験を最大限に活かしRYLA委員会の委員として自分ができる可能な限りの行動を尽くして恩送りを続けて参ります!1年間どうぞよろしくお願い致します。

地区幹事(代表幹事)メッセージ

森川 順治(所属クラブ:函館RC)
國立ガバナーは時代を担う青少年の育成に力を注ごうと言われております。
RYLA委員会の皆様の大いなる活躍を期待いたしております。


ロータリーレート
2017年 12月:112円
2017年 11月:114円




2017.8.2更新


2017.11.30更新


ポリオプラス委員会へのメッセージ