復興支援について

2010-2011年度ガバナー 佐々木正丞
2011-2012年度ガバナー 熊 澤 隆 樹

 2012-2013年度ガバナー 細川好弘

この度の東日本大震災は未曾有の大災害となり、多くの人々が犠牲になられましたことに対し謹んでお見舞いを申し上げます。東北地方のロータリークラブでも、多くのクラブが被災されたと伺っております。

私どもは、かつて色々な難難にある時、ロータリアンとしての志と連帯で絆を強く結び、協力しあつてきました。被災された地域については、僅かながらも報道で知ることはできますが、われわれ仲間のために私たちにできることを精一杯行い、ともに痛みを分かち合っていきたいと存じます。

当地区では急速この大震災について義援金を募りましたが、改めて下記の特設委員会を設け、中長期的に活動の推進に当たっていくことにしました。何卒ご協力の程を宜しくお願い申し上げます。


記事リスト

最近の記事

大震災救援奉仕プロジェクト委員会活動報告書(2012-2013)

image

 

大震災救援奉仕プロジェクト委員会活動報告書(2012-2013)はこちらです。↓

大震災救援奉仕プロジェクト委員会委員会報告書.pdf

(容量が約185MBありますので右クリックしてダウンロードしてからご覧ください)

甲状腺検査移動健診車と 超音波診断装置

福島県医科大学への甲状腺検査移動健診車と超音波診断装置の贈呈式の様子が公表されました。

http://fukushima-mimamori.jp/news/2013/05/000096.html

 

恵庭RC報告書

恵庭RCと名取RC(宮城県)で協働で行った、「「絆をより深めるための被災町内会集会施設への備品支援事業」の贈呈式が2012年11月1日(木)に行われました。

その様子と報告書をまとめましたのでご覧ください。

 

1.報告書  報告書(恵庭RC)
2.フォトアルバム  フォト アルバム(恵庭RC)

審査・承認終了

 

下記の事業について地区的補助金の支出が確定しておりますのでお知らせします。(2012年10月31日現在)

 

・001岩見沢東RC南相馬の少年サッカー大会招待支援事業

・002札幌北RC:養護学校の子供達と「Winter Camp in Hokkaido」

・003恵庭RC:絆をより深めるための被災町内会集会施設への備品支援事業

・004第3グループ:甲状腺検査装置・福島アンダー18 及び 現地サポート事業

・005滝川RC:大震災地域の少年野球教室招待支援事業

・006小樽RC:山田町厳寒期漁業雨合羽支援プロジェクト

・007札幌幌南RC:女川町新設小・中学校への新しい門出支援プロジェクト

審査結果

下記の事業について地区的補助金の支出が確定しておりますのでお知らせします。

 

a)001岩見沢東RC南相馬の少年サッカー大会招待支援事業

b)002札幌北RC:養護学校の子供達と「Winter Camp in Hokkaido」

c)003恵庭RC:絆をより深めるための被災町内会集会施設への備品支援事業

d)004第3グループ:甲状腺検査装置・福島アンダー18 及び 現地サポート事業

e)005滝川RC:大震災地域の少年野球教室招待支援事業

 

なお、本日(2012/09/11)現在、小樽RCからの審査を開始しております。