11月4日 2598回例会 佐々木ガバナーの公式訪問

2510地区佐々木正丞ガバナーの公式訪問が行われました。

午前10時から、第2グループ渡部芳己ガナナー補佐が同行され、商工会議所役員室において、会長・幹事会、クラブ協議会が開催され、12時15分からの例会にはメンバーの歓迎の拍手で入場され、貴重な講演などをいただき、有意義な時間となりました。

 

DSCF1487

会長・幹事会では、緊張気味の早坂会長も、佐々木ガバナーの温かいお人柄にリラックスして和やかな会議に終始しました。赤平RCの渡部ガバナー補佐は従来からのお付き合いもあり、当クラブの内容をよく理解されています。力強い補佐には、何かとアドバイスをいただきました。

 

DSCF1489

クラブ協議会でも、各委員会の活動内容に対してきめ細かくご指導をいただきました。

 

DSCF1494

公式訪問例会の開会です。国歌斉唱、ロータリーソング斉唱から。

 

DSCF1496

佐々木ガバナーの講和は、レイ・クリンギンスミスR I 会長の「地域を育み 大陸をつなぐ」のテーマを積極的に実践している様子、内向きなロータリーの活動が外向きに向かう転換点としての会長のリーダーシップなどを詳しく解説していただきました。

また、R I 会長やガバナーの方針は命令ではないこと、あくまでもクラブ会長のリーダーシップによって地域に相応しい活動を進めていくことの重要性をお話いただきました。

 

11月1日に発行した広報紙(地区大会で会長表彰をいただきましたが)は、ロータリーを社会一般に認識してもらうことをもっともいい形で実践していること、クラブのメンバーが地域のさまざまな役職について活躍していることなどについてもふれられ、早坂会長以下クラブメンバーはますますの活躍を誓い合いました。

 

さて、本日の昼食は鮨廣定番のお弁当。ガバナーとガバナー補佐をお迎えしていることもあってやや力を入れたかな・・・(笑)と。☆☆☆☆です!