9月30日 2593回例会 芦別青年会議所長谷川理事長が

本日の例会は、例会運営委員会が担当して、(社)芦別青年会議所長谷川隆行理事長をお招きして、現状の報告等をお話いただきました。

芦別青年会議所は、芦別の社会奉仕3団体(、青年会議所、ライオンズクラブ、ロータリークラブ)の中でも最も歴史のある団体であり、本年は設立57年を迎えています。地方都市の青年会議所は会員数の減少という悩みをかかえながら活動をしていますが、芦別も14名の会員ではありますが、「ひとづくり委員会」、「まちづくり委員会」の2委員会でさまざまな分野で活発に活動を行っています。

DSCF1370 熱弁をふるう長谷川理事長

 

また、公益法人改革に伴い、創立30年に取得した社団法人を平成24年までに一般社団法人へ移行する決議を先の総会で行ったところであり、会員数は少なくとも、将来の芦別を担う人材育成もしっかりと行われています。

DSCF1371 総会での決議文。一般社団法人への移行を決議。

 

DSCF1369 長谷川理事長とともに、金子副理事長(次年度理事長予定者)と理事長を支える石岡専務理事(手前)も出席しました。

 

さて、今日の昼食は、鮨廣特製(いつも特製ですが)の天重でした。おなじみの海老、野菜たっぷりの美味しい昼食でした。

ということで、☆☆☆です!

(最近、☆☆☆が続いていますが、そろそろ☆☆☆☆に期待です)