当ホームページに情報の掲載をご希望の委員会・クラブ等の方は、ICT委員会までご連絡をお願いいたします。

ポリオプラス委員会より

2020.09.01

ポリオプラスニュース9月号

2510地区ポリオプラス委員会

 

【野生株によるポリオ症例数】

掲載サイト: GPEI ウェブサイト(英語)

ポリオ 2020年1月1日
~8月26日
2019 2018 2017 2016
常在国 パキスタン 67(△9) 147 12 8 20
アフガニスタン 37(△8) 29 21 14 13
世界合計 104(△17) 176 33 22 37

【ポリオ撲滅情報】

 

・本年8月26日までに報告されたポリオの症例です。
・パキスタン9症例、アフガニスタン8症例の新規の報告がありました。
・今年に入って全世界で野生型ポリオ発症例は17症例増加し、104名になりました。
・お気づきでしょうか? 今回から、ナイジェリアの報告が無くなりました。
・世界保健機関(WHO)はアフリカ地域の野生型ポリオウイルス根絶を認定いたしました!
・また一歩、「ポリオ根絶」が前進しました。

【WHOアフリカ地域 野生型ポリオ根絶を認定】
8月25日にWHOアフリカ地域の野生型ポリオ根絶が認定され、世界のポリオ根絶に向けて大きく前進しました。また、ポリオ根絶のために築かれてきたインフラは、2014年のエボラ出血熱の封じ込めや、今回の新型コロナウイルス流行への対応にも役立てられています。
 
アフリカ地域の野生型ポリオ根絶の認定は、ライブストリームイベントで行われました。イベントには、ナイジェリアのムハンマド・ブハリ大統領、ビル・ゲイツ氏、国際ロータリー会長のホルガー・クナーク氏、ナイジェリア・ポリオプラス委員長のツンジ・フンショ氏、そのほかの GPEI パートナー団体の代表らが出席し、スピーチを行いました。
 
祝賀イベント後には、記者会見が開かれました。クナーク氏は、新型コロナウイルス流行の中で人びとは良いニュースを必要としている、と述べました。今後も大きな課題が残されていることに言及した上で、「だからこそ、この大きな成果を認め、この快挙を実現するまでに重要な役割を果たしたすべての人を称賛しなければなりません。長年の努力があったからこそ、ここに至ることができたのです」と語りました。
残された課題は、ポリオの感染が途絶えたことのないアフガニスタンとパキスタンの2カ国における野生型ポリオウイルスの根絶です。 
 
【世界ポリオデーの活動を計画しよう】

「ポリオのない世界」というロータリーの目標を忘れず、会員のコミットメントを保ちつづけるために、10月24日の「世界ポリオデー」には、ポリオ根絶に関連する活動をぜひご計画ください。
また、活動を計画されたら、その情報をこちらのフォームからお寄せください。バーチャルな方法や三密を避けた方法など、そのアイデアをいくつかご紹介します。
 

  
・ポリオ根絶特別例会
ポリオ根絶の動画を上映、または世界ポリオデー特別プログラムを鑑賞したり、ポリオに詳しい人を卓話に招いたりする。バーチャルな例会では END POLIO NOW の背景画像をブランドリソースセンターからダウンロードして使う(My ROTARY にログイン後、ブランドリソースセンター>「資料のテンプレート」>「クラブの資料」)
 
・ウォーキングチャレンジ
距離や歩数の目標を立て、世界ポリオデーまでに達成をめざして各自で歩く。友人や同僚、家族にも応援してもらい、目標を達成したらポリオプラス基金に寄付をしてもらう。
 
・建築物のイルミネーション
「END POLIO NOW」のロゴを有名な建築物や目立つ場所にイルミネーションで美しく投射し、ポリオ根絶活動への認識を高める。
 
・バーチャル講演会/パネル討論会
感染症やワクチンの専門家、ポリオ経験者などを講演者やパネリストとして招き、一般の人も視聴できる方法でオンライン配信する(Zoom、フェイスブックライブ、YouTubeライブなど)。
 
・赤いTシャツを着て応援
10月24日(土)に END POLIO NOWの T シャツや赤いTシャツを着た自撮り写真をソーシャルメディアに投稿し、ハッシュタグ「#endpolio」を使ってポリオ根絶への寄付を呼びかける。
 
世界ポリオデーの活動や推進に活用できるツールキット(zipファイル)もご利用ください。(ツールキットの内容:「ポリオを根絶する5つの理由」、ソーシャルメディア用の各種グラフィック、世界ポリオデーの活動のアイデア、「ロータリーとポリオ」概要資料、など)End Polio Now ウェブサイトの「リソースセンター」や「世界ポリオデー」のページからもご確認いただけます。
 
 
 
【2020-21年度2510地区第1回ポリオプラス委員会開催報告】
2020年8月7日(金)午後7時から「2020-21年度2510地区第1回ポリオプラス委員会」を開催した。冒頭、伊藤委員長より(1)会計報告(2)ポリオプラス寄付実績報告(3)第2回地区委員長連絡会議の報告(4)今年度予定していた男声合唱団のチャリティー公演は中止となった旨の報告があった。
 
協議事項として、以下を協議決定した。
(1)会務分担について:会計:林委員、HP担当(地区ポリオプラスニュース):平賀委員、バナー担当(1人$30以上達成のクラブ贈呈):桂委員、書記:長沢委員の各担当を決めた。
(2)世界ポリオデーについて:新型コロナウィルスの影響により募金活動や集会等が難しい状況であるため、案としてミニコンサートを企画し、ズーム等のネットで配信し、各クラブに募金活動に協力してもらう方向で進めることとした。新型コロナウィルスの対策が急がれる中だが、ポリオプラスのプラスという意味で、同じ感染症対策の一環として長年取り組んできたことをアピールしてはとの意見があった。
(3)次回日程について:9月4日(金) 第2回地区ポリオプラス委員会開催予定。