当ホームページに情報の掲載をご希望の委員会・クラブ等の方は、広報・ICT委員会までご連絡をお願いいたします。

ポリオプラス委員会より

2019.11.05

国際ポリオ・プラス活動ニュース

2510地区ポリオプラス委員会

 

【野生株によるポリオ症例数】前月比パキスタン+30、アフガニスタン+3

ポリオ 2019年1月1日
~9月25日
2018年 2017年 2016年
常在国 パキスタン 76(△10) 12 8 20
アフガニスタン 18(△2) 21 14 13
ナイジェリア 0 0 0 4
世界合計 94(△12) 33 22 37

【ポリオ撲滅情報】


残念ながら、パキスタン、アフガニスタンでは症例数の増加がありました。しかしながら、ナイジェリアではこの3年間、新規の症例がありません。快挙が続いています。

【2510地区世界ポリオデー札幌駅前広場募金活動】

札幌駅前南口広場において10月24日(木)13時より14時の間、ポリオ根絶の募金活動を行いました。札幌市内のクラブを中心として16名の会員が参加して下さり、市民や旅行客の皆様より、61,235円の寄付を頂きました。

【慧林寺ポリオ寄席】
また、10月21日午後2時から羽部パストガバナーの慧林寺における毎年恒例の落語会において、「慧林寺ポリオ寄席」と題しポリオとロータリーの関わりについて5分ほどお話しし、募金活動行いました。こちらは市民100名、ロータリアン10名ほどの参加者があり、53,085円の寄付が集まりました。参加された皆様ありがとうございました。

【今月、ジョン・ヒューコ事務総長と6名のスタッフが、ポリオ根絶活動への支援を高めるために約164kmの自転車レースEl Tour de Tucsonに出場します】
 

 
https://www.endpolio.org/ja/poriogen-jue-notamenozi-zhuan-che-resu
なぜ自転車レースなのでしょうか。日本では耳慣れない方法ですが、世界ではレースを利用して慈善活動をアピールし、募金を集めることがよく行われます。今回、日本からの関心を高めるため日本人スタッフも参戦します。
 
ロータリーボイスより:寄稿者:加藤まさ氏(ロータリー世界本部事務局スタッフ)
「レース出場が決まって以来、寄付をお願いすることの難しさを実感しています。地区やクラブの財団委員長、小委員長、恒久基金/大口寄付アドバイザー(EMGA)、ロータリー財団地域コーディネーター(RRFC)といった方々が、いかに身と心をすり減らす思いをしながら財団支援を呼びかけられているか、少し分かったような気がします。寄付を推進するために尽力されているリーダーの方々への、心からの感謝と敬意が湧いてきます。」
 
この記事では、近年注目が集まっている新しい募金方法(Peer-to-Peerファンドレイジング)にも触れています。活動資金を集めるクラブの会員にとって、一つの選択肢になるかもしれません。ロータリーボイスをぜひご一読ください。
https://rotaryblogja.wordpress.com/2019/10/25/自転車をこいでポリオ根絶を支える/
 
このレースのために最も多くの地区財団活動資金(DDF)をお寄せいただいた地区には、ホルガー・クナーク会長エレクトが訪問する予定です。ポリオ根絶自転車レース(Miles to End Polio)にDDF を寄贈するには、11月30日までに、お手続きをお願いいたします。
 

 
DDF オンライン寄贈フォームは以下
https://rotary.qualtrics.com/jfe/form/SV_9ztdKml8KEamNmt?Q_JFE=qdg
 
また、7月1日から2020年4月30日までにポリオプラス(自転車レースへの支援を含)に最も多くのDDFを寄せた上位5地区は、ホノルルでの2020年ロータリー国際大会でのステージで発表されることとなります。
 
【世界ポリオデー】
世界ポリオデーの10月24日、ロータリーとパートナー団体による世界ポリオ根絶推進活動(GPEI)は、「ポリオのない世界」という究極の目標に向けて、また一歩、大きな前進を遂げました。この日、3型の野生型ポリオウイルス株の根絶が発表されました。この歴史的な発表は、世界ポリオデーにロータリーが世界各地で配信した特別プログラムの中で、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長が行いました。
 
同氏は、3型ウイルス株による発症が2012年11月にナイジェリアで検知されて以来報告されておらず、専門家から成る独立委員会が、この種類のウイルス株が世界的に根絶されたことを結論づけたと述べました。2型ウイルス株は、2015年に既に根絶が宣言されています。「これにより、残るは1型の野生型ポリオウイルスだけ」とテドロス・アダノム氏は述べ、ポリオフリーの世界の実現に向けたこれまでのロータリーの尽力に言及しました。また、自己満足が最大の敵だと指摘し、「最後の一押しのために2倍の努力で臨んでいただきたい」と激励のメッセージを寄せました。
 
ロータリーのフェイスブックで配信された動画では、ポリオ根絶活動の最前線で活動する保健ワーカーの活躍と、この1年間における達成にもスポットライトが当てられました。ロータリーの公式日本語フェイスブックでも、日本語字幕付きの映像をご覧いただけます。

記事はこちら


ロータリーレート
2019年11月:108円
2019年10月:108円





2017.8.2更新


2019.11.5更新


ポリオプラス委員会へのメッセージ